トランプ♠5 ふなずし/びわ湖の魚

Photo by Kumainu

【沖島通船(おきしまつうせん) 沖島(おきしま)】

ふなずしは、おもにニゴロブナ
と何でできている?

①チーズ
②だいこんおろし
③ごはん

【ヒント】これからのマッピングイベントでできる予定。まめちしきをみてね。

【まめちしき】沖島(おきしま)は 湖の島に人が住む、日本でここだけのめずらしい場所です。
 そこでは びわ湖の魚(さかな)をたくさんとることができ、ふなずしをつくるイベントもあります。
 じっくりおとずれてみたい場所の1つです。
 小学3年4年生用社会科副読本「わたしたちの草津」でも学びがあります。

 ラボも協力している こだわり滋賀ネットワーク南部・甲賀支部の活動(→HP)では
 草津のまちなかで、子ども達にも食べてもらおうと、6年連続(れんぞく)
 ふなずし漬(つ)け体験(たいけん)のイベントをしています。
 昔(むかし)ながらの作り方 ニゴロブナ、〇〇〇、塩(しお)だけでなく、
 最近(さいきん)は 酒粕(さけかす)、焼酎(しょうちゅう)などを入れているので、
 食べやすい味になっているのかもしれません。一度食べてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

表示できるコメントはありません。
ページ上部へ戻る