shigaraki

Photo by Komisuke

【信楽高原鐵道(しがらきこうげんてつどう) 信楽駅(しがらきえき)】

信楽焼(しがらきやき)の特徴(とくちょう)で
あっているのは?

①手のりサイズから 2mの大きさまで作れる。
②色合いを自由に作れる。

【ヒント】これからのマッピングイベントでできる予定。まめちしきをみてね。

【まめちしき】焼き物の町 甲賀市(こうかし)信楽町(しがらきちょう)をたずねよう。
 国指定(くにしてい)の伝統的工芸品(でんとうてきこうげいひん)の1つで、たぬきの置き物、生活用の陶器(とうき)、
 家のかべのタイルなどを作る焼き物の町として有名です。
 この地でとれる土は、ねばり気があり、変形(へんけい)しにくい性質(せいしつ)を持っているので、大きなものが作れます。

 3つのひみつがあります。
 ①伝統的な信楽焼は、うわ薬(くすり)をかけないで焼きます。灰(はい)がとけ、うわ薬をかけたようになります。
 ②焼くと表面(ひょうめん)が少し赤茶色(あかちゃいろ)になったり、うすい緑色(みどりいろ)になったりします。
 ③焼いてみないと、どんな色合いになるか分かりません。

 小学3年4年生用社会科副読本「わたしたちの草津」でも学びがあります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

表示できるコメントはありません。
ページ上部へ戻る